「ダイハード」の第一主役候補はあの役者だった

アクション映画の金字塔「ダイハード」

1988年公開のアクション映画『ダイハード』。
ロデリック・ソープの小説「Nothing Lasts Forever」を元に実写化した大ヒット作です。

コメディ役者として成功していたブルース・ウィルスの出世作とも言えます。
この映画でハリウッド役者の仲間入りを果たしました。

1作目のヒットでシリーズ化もしています。
現時点で全5作。

1作目:ダイハード(1988年)
2作目:ダイハード2(1990年)
3作目:ダイハード3(1995年)
4作目:ダイハード4.0(2007年)
5作目:ダイハード/ラストデイ(2013年)



「ダイハード」の第一主役候補はあの役者だった

上記でも記載しましたが、今作がブルース・ウィルスの出世作となります。

しかし主演は最初からブルース・ウィリスをキャスティングしてるわけではありませんでした。
オファーをかけた順番は下記のとおり。

1,アーノルド・シュワルツェネッガー、
2,シルベスター・スタローン
3,バート・レイノルズ
4,リチャード・ギア

そして5番目にしてやっと現れるのがブルース・ウィルスです。

ズラリと並んだアクション俳優が時代を象徴していますね。
ジョン・マクレーン役はどこか間の抜けたキャラが魅力だと思ってます。
だからこそ、バート・レイノルズのジョン・マクレーンを見たかった気もしますが…

それ以外の役者陣だとちょっとカッコ良すぎるのかなと。
今シリーズが大ヒットにつながったのは、ブルース・ウィルスという役者が一役買っているのは間違いありません。
結果的に良かったのでしょうね。

シリーズ中でもやはり一作目が名作

現段階では全5作品が存在します。
最後は「ラストデイ」と銘打って完結編ともなっていますね。

個人的な意見ですが、その中でもやっぱりこの第一作目が名作かなと。
アクション映画の金字塔と言われてるだけあり、アクション映画の面白味が全て詰まった名作だと私は思っています。

クリスマスになるとついつい本作を思い出してしまうのも、この映画が面白いの一言に尽きるからではないかなと。
心からおすすめのアクション映画です。